独眼竜毛鉤使のお気楽てんから記

テンカラ釣りを中心に釣行記や自作毛鉤の紹介、日々想ったことをのんべんだらりと書き綴っていくでござるよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

テーパーライン

TL(1)

自分が所属させてもらっている「吉田毛鉤会」で前から熱い話題と
なっているテーパーライン。
その名も我らが吉田毛鉤会会長の「吉田式テーパーライン」

その製作方法が先日発売された「月刊つり人」に掲載されました。これまで
作り方が解らなかった人にとってはバイブルになるのでは。

僕も先月にこしらえて、最終日曜日に東京トラウトカントリーにて
試してみました。結果は組み合わせが悪かったみたいでうまくラインが
飛びませんでした。

その時のテーパーは先端から4本、5本、6本、7本、8本、7本の順番で、
7、8、7本の長さのバランスが悪かったために力がハリスまで伝わらず、
うまく飛ばせなかったのではと推測しています。これは今後の課題だなと、
考えつつそのまま放置していたところにつり人が発売になり、そこに
答え(たぶん)が載っていましたが、こちらの再製作はまた今度にして(会長
ごめんなさい)、今回は知る人と知る渓の翁(S畑さん)に教えていただいた
方法でテーパーラインを作りました。それが上の写真です。

去年の夏に教えていただいてから、ずっとS畑式で作ってきており、
これに慣れてしまっているのと、自分が使っているテンカラ竿が
3.3mの竿でこの長さくらいなら部屋の中で作れてしまうということも
あるものですから(^ ^;)ただし、少し違うのは糸の太さと道具です。

S畑式は3号と2号のナイロン糸を主に使用するのに対して、吉田式は
1号のナイロン糸のみです。

今回は作り方はS畑式、糸はナイロンの1号(イエロー)で製作しますた。
作ってみての感想はやはり2号ラインに比べると柔らかいというかしなやかな
仕上がりとなり、これからの寒い時期はあまり硬くならずに使えそうで、
期待できるかな!?30日はいよいよテンカラファンの集い in 奥多摩
(於東京トラウトカントリー)なので、
この時にテンカララインのテストをしようと思っています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

足立政宗

Author:足立政宗
釣り歴だけなら誇れる、この道およそ30年の万年ぺーぺー釣氏です。初めてやったのがヤマベ釣り。現在は東京トラウトカントリー(ゴルフ場じゃないよ)や日原川流域をホームグランドにして、竿以外は自作品でテンカラ釣りを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

毛バリ (25)
釣行記 (3)
うぬ様ダイアリー (1)
雑感 (17)
その他 (14)
テーパーライン (2)
ごあいさつ (2)
ツール (2)
マテリアルとか (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。