独眼竜毛鉤使のお気楽てんから記

テンカラ釣りを中心に釣行記や自作毛鉤の紹介、日々想ったことをのんべんだらりと書き綴っていくでござるよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

テーパーライン検証

テンカラファンの集いがあった先月の30日に自作テーパーラインの検証をしてみました。

試したのは以下の3種類で、すべて1号のナイロンラインで作製。

1)4~12本縒り  2)4~10本縒り  3)6~10本縒り

まず、トータルのバランスで見ると、比較的良かったのは2番のライン。次が3番、1番の順。

1番と3番のラインは重量は同じですが、縒っている本数をみてのとおり、1番のラインは後方が重くなってしまうために少々おつりが出やすくなります。そして3番ですが、少々重さはあるものの割と飛ばしやすかったです。とくにBH毛鉤と相性が良かったですし、以外におつりが出にくかったです。

ただ、今回のテーパーラインは長さにバラツキがあり、感覚に微妙なズレもあったので、次回は長さをそろえて作り(それでも1~2センチの誤差は出ると思いますが)、再度検証してみたいと思います。自慢ではないのですが、指先の感覚は結構鋭いほうだと思います。前職は印刷工で計測器を使わずに指先だけで紙の厚さを当てていたくらいですから(笑)

ちなみに自分のテーパーラインはS畑氏に教わった方法で作製しています。S畑氏のは基本的に2号と3号ナイロンの組み合わせで作られているので、少々重めでおつりもかなり出やすそうに思われますが、あの方のはロングラインであるのと、竿とのバランスが良いみたいで問題無いみたいですね。でも、同じ仕様(短くして)で使ってみると、自分の竿では少々重く、おつりが出やすかったです。

S畑氏  2本~10本縒り(2号と3号ナイロンの組み合わせ)約6m

自分 竿は渓愚テンカラ3.3m
   最初は2本~10本の3.5m(2号と3号ナイロンの組み合せ)重すぎた
   2番目は2本~8本の3.5m(2号と3号ナイロンの組み合せ)まだ重い
   3番目は2本~6本の3.5m(2号と3号ナイロンの組み合せ)これも違った
   4番目、2本~8本の3.5m(2号のみ)理想に近くなった
   5番目、2本~6本の3.5m(2号のみ)やっと自分にとって使いやすいTLになった。

そして、今は1号ナイロンでMyテーパーラインの完成を目指して、あれこれと模索してます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okirakutenkara.blog.fc2.com/tb.php/27-99cb2662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

足立政宗

Author:足立政宗
釣り歴だけなら誇れる、この道およそ30年の万年ぺーぺー釣氏です。初めてやったのがヤマベ釣り。現在は東京トラウトカントリー(ゴルフ場じゃないよ)や日原川流域をホームグランドにして、竿以外は自作品でテンカラ釣りを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

毛バリ (25)
釣行記 (3)
うぬ様ダイアリー (1)
雑感 (17)
その他 (14)
テーパーライン (2)
ごあいさつ (2)
ツール (2)
マテリアルとか (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。