独眼竜毛鉤使のお気楽てんから記

テンカラ釣りを中心に釣行記や自作毛鉤の紹介、日々想ったことをのんべんだらりと書き綴っていくでござるよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

海津毛鉤

昨日、300本の海津6号が届きました。
送料等入れて500円弱なり。
300本も買ってどうすんだ!て感じですが、
なんか普通に買うより安かったので、ついポチッと(笑)

だって、ほら、約3袋分の金額で買えてしまう訳ですからね。
それに300本もあれば、失敗も気にせずジャンジャン
巻けるじゃないですか、うん、練習になるなりよ(ほんとに巻くのかよ)。

というわけで(どんなわけだよ)、
まずは1本巻いてみたでござる。




フライフックでいうと14番くらいでしょうか。
海津は政宗的毛ばり用のハリとして、デファクトスタンダートフックの
一つになりました。形が凄く気に入ってます。実釣でもヒネリが
あるおかげでバーブレスにしてもバレにくいというものいいですね。

本当はとある製造メーカーから出てる管付海津を買えば、アイを作る手間が
省けるのですが、そのアイの角度がちょっと気になって、なんといいますか、
ヒネリがあるぶん、内側にアイが向いている方が刺さりがいいような気が
するのですが。
どうでしょう?お分かりになる方いらっしゃいましたら、アドバイス下さい。


はやく必殺毛鉤「毛不知火(もうしらない)」を試したい4月が待ち遠しい政宗。
このページのトップへ

新作毛鉤でござるよ~。




吉田毛鉤会代表のマネをして拙者も手持ちの海津針で巻いてみましたよ。

サイズは10号。ちと大きいですね。
しかし、このサイズしかなかったので(^^)>

一見、ウェッブだけのハックルに見えますが、
裏を覗くとウェッブの上のお毛毛もついているんですな。

何で、こんなのを巻いたかというとですね、先月の終わりに
奥多摩の東京トラウトカントリーにて試した毛鉤がいくつか
ありまして、そのうちの一つでボディにウェッブを使った毛鉤への
反応がすこぶる良かったわけですね。

そこでハックルにそのまま使ってみたらドウカナ~と
思い作ってみました。

さあ、いよいよ渓流も解禁!こんど東京トラウトカントリー
で試釣してみます。いや、いきなり実戦でもいいかな(^^)b
このページのトップへ

下ごしらえ




アバターを観ながら、逆さもしくは花笠毛ばり作製の下ごしらえ。
餌つり用のフックのチモトをカットし、ルーターでバーブレス加工を
してからナイロンのアイを取り付け。

テレビに気を取られて、BL加工出来たのは7本。
うち、アイを付けられたのは4本だけ。
ま、とりあえずオッケ~。ゆっくり作っていきましょ。

使用フック:グラン渓流川虫 2号(#14相当)
スレッド:ユニ 8/0 グレイ
アイ:ナイロン4号


ちなみに下の写真は鬼印のマス針6号で作ったクリーム系の
逆さ毛ばりです。

sakasa_shiro.jpg
このページのトップへ

政宗SP 浮き蜉蝣 金白&金斑


ケータイで撮っておいたのをブログアップ。

1月のTTCで比較的、お魚さんたちに評判の良かったパターンを
ちょっとアレンジし、鬼針で巻きなおしてみました。

まあ、アレンジといってもCDC(長さはあえて揃えてません)を
付け足してボディをシェイプアップしただけですが。

あぁ、自分のカラダもこんな簡単に出来たらば…

写真左:金白(きんはく)
    フック:鬼印 ます鉤6号
    ボディ:フラッシャブー ゴールド
    アイ:ナイロン4号 オレンジ
    ハックル:コックサドル ホワイト
    ウイング:CDCホワイト
    スレッド:ユニ8/0 ブラウン

写真左:金斑(きんまだら)
    フック:鬼印 ます鉤6号
    ボディ:フラッシャブー ゴールド
    アイ:ナイロン4号 オレンジ
    ハックル:コックサドル グリズリー
    ウイング:CDCホワイト
    スレッド:ユニ8/0 ホワイト&レッド
このページのトップへ

赤鬼




今日は2種類の毛鉤を巻いてみた。
ひとつめは前の記事で書いた鬼針を使用したもので、
名前はタイトルになった『赤鬼』(写真左)。
もうひとつは桑原テンカラで巻いたもの。名前は無い(写真右)。

赤鬼はスレッドの代わりに絹のミシン糸で巻きました。
ミシン糸だと、仕上がりが綺麗にはいきませんね。
先人達が作られた毛鉤、例えば秋山毛ばりみたいのなら、
あまり気にはならないのでしょうが。

写真右のは、ボディにウェッブとピーコック、
ハックルは先月手に入れたパートリッジを使って巻いたもの。
仕上がりはこちらのほうが遥かにキレイにまとまってます。

この二つを次回(行かれるのは今月末)、TTCで
試してみたいと思います。

そんでもって、下の画像のが先月に買った雄のパートリッジ。
(ヤフオクで購入。送料等を入れても専門店で買うより安かったです)
雌に比べるといろいろな色というか、模様の毛が取れるので
いいですね。おととい机の上に出しっ放しにしてたのを
たまたま母親が見たらしく、「なんなの、あの鳥の死骸は!?」
と驚いていました。まあ、羽だけならともかく、頭も
ついてますから、気味悪がるのも無理はないですな(笑)

しかし、パートリッジも何種類かいるのですね。ハンガリアンとか
スポッテッドとか。自分が購入したのは「ブラウンパートリッジ」
という名前でしたが、調べてみると専門店では「バンブーパートリッジ」の
名前で売られてましたね~。どっちが正式名称なんでしょう??
まあ、よいのですがw

Partridge.jpg


解禁まであと少し。今年は早めに年券買うぞ!by政宗
このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

足立政宗

Author:足立政宗
釣り歴だけなら誇れる、この道およそ30年の万年ぺーぺー釣氏です。初めてやったのがヤマベ釣り。現在は東京トラウトカントリー(ゴルフ場じゃないよ)や日原川流域をホームグランドにして、竿以外は自作品でテンカラ釣りを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

毛バリ (25)
釣行記 (3)
うぬ様ダイアリー (1)
雑感 (17)
その他 (14)
テーパーライン (2)
ごあいさつ (2)
ツール (2)
マテリアルとか (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。